【動画解説】3分で解説「経営は実行」

今回は、経営者やリーダーに向けて書かれた書籍「経営は実行 -明日から結果を出すための鉄則-」の内容について、簡単に説明していきます。

この書籍では、経営で最も重要な3つ要素が柱となっています。
1つ目は「人材」
2つ目は「戦略」
3つ目が「業務」
つまり、いい人を集め、そして計画をたて、業務を改善していくことが成功の鉄則であるということです。

1つ目の「人材」については、上下関係の壁を超えて、率直に議論できる組織が良いとされています。社員の実績を公正に評価して、役職や報酬に連動させる、これが、人材育成の鉄則であるということです。

2つ目の「戦略」については、状況を正確に把握した上で、社員の改善案も取り入れながら現実的な戦略をたてる必要があります。戦略は簡潔にして組織で共有して、そして、継続的にフォローしていく必要があります。

3つ目の「業務」についてですが、社会のニーズに対応した差別化された商品、または新商品を通して未来に新しい価値を創造していくことが経営を成功に導く鉄則であると解説されています。

経営に重要な3つの要素ですが、これを実行に移していくためには、リーダーの役割が非常に重要になります。リーダーは、人を育て、そして計画をたて、業務を改善する、この3つの仕事を通して経営を行っていきます。リーダーを中心にして社員が目標を共有して協力して組織を発展させていくことが成功の秘訣であるということです。

本書に登場するのは大企業の事例ではありますが、組織の規模を問わず経営者やリーダーの皆さまにはお勧めの内容となっていますので、是非読んでみてください。以上ありがとうございました。