第7期は売上高、利益ともに過去最高を更新いたしました。第8期もよろしくお願い申し上げます

決算報告所第7期の決算が確定し、売上高、利益ともに過去最高を更新いたしました。これもひとえに、お客さま、取引金融機関、取引先ならびにパートナーの皆さまの多大なるお力添えによるものと厚く御礼申し上げます。

第8期はニーズの高まりが顕著な「コンテンツマーケティング」「web映像」「webシステム開発」を強化し、合わせてマーケティングの基礎部分を担う「マーケティングリサーチ」にも重点的に取り組んでまいります。また、さらなるコストパフォーマンスの向上を実現するために、各分野のプロフェッショナルとの連携を強化し、同時にお客様のビジネスにおけるROIを最大限に高めるビジネスマネジメントシステムの構築にも取り組んでまいります。

第8期も関係者の皆さまに最大限の利益を提供できるよう全力で取り組んでまいりますので、引き続き、ご指導とお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

デザイン情報株式会社 代表取締役 辻中 玲

コンテンツマーケティング特化型ホームページ制作サービスを新発売!補助金使用可!

IT導入支援事業者採択通知書デザイン情報株式会社は5月26日(金)、「IT導入補助金」(補助額最大:100万円)のIT導入支援事業者に採択されました。例えば150万円のホームページ制作費の3分の2の金額、100万円が国から補助されるため、お客様の実質ご負担額は50万円となります。

当社はこれに合わせ、コンテンツマーケティング特化型 動画&ブログ付きホームページ制作サービスを、効果を最大化するパッケージ「HARI」をリリースいたしました。

このチャンスにぜひコンテンツマーケティングの導入をご検討ください。申請締切は6月30日となっておりますが、戦略立案のため2週間ほど余裕を持って進めてまいりましょう。

申請書の提出期限の関係で、対応できる数に限りがあるため、恐れ入りますが5社限定とさせていただきます。また補助金の総額は全国で100億円となっていますが、内容によっては補助不可となる場合もあります。ご了承の上、ご検討のお客様はお早めに当社までお問い合わせください。

本年度(2次募集)の補助金の受付は終了いたしました。

2017年8月4日に2次募集で採択された事業者の発表があり、弊社から申請させていただきました複数のお客様が採択されました。次回の補助金情報は当サイトにてご案内差し上げます。

なお「HARI」は、ご好評につき引き続き提供させていただいておりますので、ホームページ制作をご検討のお客様は是非ご利用ください。詳細はこちらからご覧ください。

「HARI」(ハリ)コンテンツマーケティング特化型 動画&ブログ付きホームページ【ニッチ市場によく刺さる!!】

9,000書体以上にのぼる、高品位な欧文フォントを導入いたしました

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、デザイン情報株式会社は、9,000書体以上にのぼる高品位な欧文フォントを扱うFontworksの「Monotype LETS」を導入いたしました。

これによって、ルイヴィトンやディオール、ニューヨークメトロやシャルルドゴール空港などの公共機関などにも使用される、可読性に優れた国際的に評価の高い高級欧文書体の数々が扱えるようになり、デザインにおけるバリエーションも広がります。

Frutiger®、Optima®、Avenir®、Helvetica®など世界に通用する書体を使ったロゴの商標登録も可能でライセンス面でもご安心いただけます。

2020年に向けて訪日外国人向けのマーケティングや、越境ECなどのデザイン戦略においてご活用いただけます。ワールドワイドマーケティングにおいて、多様でハイクオリティなデザインアプローチは必須です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

使用可能な書体などはFontworks株式会社のホームページでご覧いただけます。

https://lets-site.jp/lets/monotypelets/about

monotypelets

Fontworks株式会社のホームページより使用可能書体の一例

ホームページへの常時セキュリティ通信導入に対応開始いたしました

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、デザイン情報株式会社は、ホームページ全体にSSL通信を実装する「常時SSL」のホームページへの対応を開始いたしました。

昨今、インターネットの通信に安全性やセキュリティを求める声が高まっております。また、2014年にGoogleから「https://〜」の通信による安全性の高い接続を装備するホームページを検索エンジンのランク付けにおいて優遇すると発表されています。

常時SSLを実装したホームページにおいては、全ての通信が暗号化されるため、IDやパスワード、ユーザーのプライバシー情報等が保護されます。

さらに、Web高速化プロトコルの「HTTP/2」での通信となるため、レスポンス速度の向上にも寄与します。今後常時SSLが業界標準になると見られており、現時点で常時SSLを取り入れることはインターネット戦略において高いコストパフォーマンスを発揮します。

特にこのところ急速に普及が進むSNI SSLにおいては、一部の旧式のブラウザ、ガラケー等での表示に対応していないというデメリットはありますが低コストでの導入が可能で、不正アクセスの脅威に対して有効な手段の一つといえます。

常時SSLを取り入れたホームページは、ブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示され、暗号化されることが示され、ユーザーが安心して利用できるサイトとなります。

当サイトと当社が運用する食に関する情報サイト「食のトレンド」にも導入しております。

デザイン情報株式会社 常時SSL 食のトレンド 常時SSL

導入、運用費用はWordPressサイトへの導入の場合で、1,215円/月〜と手頃な価格となっております。この機会にぜひ導入のご検討をいただければ幸いです。既存のホームページへの導入が可能かは無料診断いたしますので、お気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしております。