News

【2020年ご挨拶】強靭な事業基盤の構築を

謹んで新春のお慶びを申し上げます旧年中は格別のご厚情に預かり心より御礼申し上げます本年が皆様にとって幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます 旧年は、知識や技術などのソフト面のみならず、技術者やシステムなどのハード面が重要であることを実感いたしました本年は、旧年の課題を糧にして、技術力に加え人が育つ企業となるために、強靭な事業基盤を構築していく所存ですお客様のビジネスを発展させるため、引き続き社員一同邁進してまいります 本年も尚一層のお引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます デザイン情報株式会社代表取締役 辻中玲

> 続きを見る

【動画解説】SEOを成功させる3つのポイント

https://youtu.be/Bt5gAJtjEu4 ①適切なキーワードを選ぶ売りたい商品やサービスをユーザーが検索しようとした時に、どのようなキーワードで検索するかを逆算して、商品やサービスに2つか3つ程度のキーワードを設定するということが大事になります。このキーワードでホームページを作っていくことになりますので、この作業をしっかりと行いましょう。 ②良いコンテンツをつくるお客様にとって、高速で表示されて、モバイルでもわかりやすく、安全な通信が確保されていて、内容もわかりやすいコンテンツが、実は検索エンジンにもわかりやすいコンテンツとしてページの評価が高まります。 ③継続的な改善を行っていくどのようなキーワードでお客様がホームページにアクセスして、どのような行動を取ったかということは、アクセス解析をしっかり行っていけば把握できます。その情報を元に継続的な改善をしてください。 また、新しい情報を継続的に発信していくことが大事です。そのためには、長期的な取り組みが必要になりますが、ここで運営者側にかなりの熱量が要求されます。長い間、継続的に取り組むことができる、テーマ、キーワードを初期段階からしっかりと設定していくことが重要です。 これら3点に取り組んで検索エンジンの上位表示を目指していただければと思います。以上、ありがとうございました。

> 続きを見る

年末年始営業のお知らせ

年末年始の営業は下記の日程となります。 2018年12月27日(金)通常営業 2018年12月28日(土)休業 2018年12月29日(日)休業 2018年12月30日(月)休業 2018年12月31日(火)休業 2019年  1月  1日(水)休業 2019年  1月  2日(木)休業 2019年  1月  3日(金)休業 2019年  1月  4日(土)休業 2019年  1月  5日(日)休業 2019年  1月  6日(月)通常営業 ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

> 続きを見る

【動画解説】フリーランスの生産性を落とす3つの過ち

https://youtu.be/jOWOabLHl_w フリーランスがやりがちな3つの過ちについて解説します。 1つ目、仕事をくださいと言ってはいけない。仕事をくださいというスタンスで行ってしまうと、相手と自分の間に格差を作ってしまいます。自分の価値を下げてしまうと、単価も上げ上げ難い、言いたいことも言い難いということで、非常に生産性が落ちます。 2つめ、不要な異業種交流会に入らない。異業種交流会の中には、時間もお金も奪った上に、学びも特に無いものもあります。自分に合わない異業種交流会に入らない。もし、入ってしまったことに気づいたなら、すみやかにフェードアウトすることをお勧めします。 3つめ、自宅やカフェで仕事をしない。自宅で仕事をすると、引きこもりがちになり、どうしても視野が狭くなります。つまり生産性が落ちていきます。一方カフェで仕事すると、周りが赤の他人で不特定多数に囲まれていることで、自分の行動が制限されてしまうというデメリットがあります。制限されると良いアイデアも浮かび難く、生産性が落ちます。 どうすれば良いかというと、友達でも先輩でも良いので仲間のオフィスに出かけて「掃除でも何でもするから机の端っこ貸してくれと」言えば良いと思います。そこで必然的にコミュニケーションが生まれ、中には仕事の話もあるかもしれません。 大事なのは仲間の中で同じ時間を過ごすということです。フリーランスの方は、是非この3つを実践していただきたいと思います。 以上、ありがとうございました。

> 続きを見る

【動画解説】ビジネスを成功させるための基本情報

ビジネスを成功させて金持ちになるための基本となる情報をお伝えしたいと思います。 まず、徹底的に経済脳になるための情報を吸収してください。 手始めに有名な本から読んでいただきたいと思います。 まず、ロバート・キヨサキ「金持ち父さん 貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」読んでください。 その後、ピータードラッカーを立て続けに3冊読んでいただきます。 まず「マネジメント 基本と原則」読んでください。 次に、 「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」読んでください。 「イノベーターの条件 社会の絆をいかに創造するか」読んでください。 ここまでで、経営の基本がザックリとわかります。 そのあと、 さらに、ロバート・キヨサキの著書を読んでいただきます。 今度は、投資についての考え方がわかる2冊になります。 「金持ち父さんの投資ガイド 入門編 投資力をつける16のレッスン」読んでください。 「金持ち父さんの投資ガイド 上級編 起業家精神から富が生まれる」読んでください。 ここで、投資とは何かがザックリとわかります。 会社をつくって自身のビジネスを持つことが、もっとも近道であるということが、何となくわかってくると思います。 続けて、21世紀最大のビジネス思想家と言われるジム・コリンズの著書を3冊読んでいただきます。 「ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の原則」読んでください。 「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」読んでください。 「ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階」これも読んでください。 この3冊は流れで読むことが重要になりますので、3冊読み通すということが結構重要になります。 ここで、ビジネスを成功させる、また失敗させる要因がどこにあるかがわかると思います。 ただ、わかっていても、実際にやるとなると、そう思い通りに行かないよ…ということも同時に現実として不安になるかもしれません。 そこで、この1冊。 ジェームズ・ウェブ・ヤング 「アイデアのつくり方」 これは、100ページに満たないページ数で字も大きくて読みやすい本なのですが、 ビジネスを構築していく上で、非常に重要なことが解説されています。 これで基本はしっかり抑えている状態になります。 そのあと、お手持ちのモバイルに、 日経電子版を入れてください。日経はどうしても経済に偏りがちになるため、 一般的な全国紙、読売でも朝日でも良いと思いますので、電子版の新聞を入れてください。 この新聞をできれば毎日、空き時間にチェックして情報をアップデートしていってください。 その上で、Twitter、Youtubeなどの各メディアの情報を組み合わせて、 経営に対する理念や指針を固めていくことが重要になります。 そこから、ビジネスを起こし金持ちになっていくわけですが、 その具体的な方法については、引き続き配信していきますので、チャンネル登録をよろしくお願いします。 以上、ありがとうございました。

> 続きを見る

【動画解説】WordPress 3つの注意点

https://youtu.be/EXakegT699g 今回は「WordPressの3つの注意点」について解説したいと思います。 WordPressはホームページの裏側に管理画面がついていて、そこから文字を変更したりページを増やしたり、自分のホームページの管理が簡単にできるところが一番大きなメリットだと思います。 2019年の時点で世界のホームページの約30%がWordpressで運用されていて、すごくシェアが大きいことも安心材料です。WordPressの初版は、2003年ということで長い歴史の中で多くの改善がされてきて、今すごく便利になっています。 デザインを設定するテーマ、それからプラグインと呼ばれる拡張機能が充実していて、プラグインだけでも5万点以上あるという状況です。特に最近は直感的な操作でページの編集ができる、ページビルダーという機能も充実してきて、デザインの改善も簡単にできるようになってきました。事業の拡大などで、例えば「会員制ページ」や「ネットショップ」を組み込みたいなどの要求にも、柔軟に応えてくれるという拡張性の高さも大きな魅了となっています。 そんなWordPressなのですが、注意しなければならない点が3つあります。 1つ目。機能が充実すると扱うデータ量も大きくなるため、表示の高速化という課題が生じてきます。ページの表示速度は、SEOにも影響しますのでしっかりとした取り組みが必要になります。対策としては、例えばサーバーベースでWordpressの高速チューニングを行う、キャッシュコントロールを使って体感速度を上げるなどの方法があります。 2つ目が、マルチデバイス時のコンテンツの最適化です。画面サイズに合わせてページ幅が最適化される、レスポンシブデザインが今主流になっていますが、ユーザーの目線に立つと、パソコン、タブレット、モバイル、どんなデバイスでもストレスなく閲覧できることが重要になります。つまりパソコンではいいけれど、モバイルでは長すぎるページは見たくないなどのユーザーの要望にも応えていかなればなりません。そのため、デバイスによって内容も合わせて最適化していくということが望ましいと言えます。 最後に、セキュリティ対策を行う必要があるということです。SSLを使った通信の暗号化を行うのはもちろんですが、WordPressは特にスパムメールや不正アクセスのターゲットになりやすいというデメリットがあります。管理画面に不正にログインされると、内容を書き換えられたり、不正なコードを埋め込まれたりという危険性があります。そのため、特に管理画面のセキュリティは強固にしておく必要があります。WordPressはオープンソースですので、日々アップデートがされていきます。しっかりと継続的なメンテナンスをして、危険性を最小限に保つということが大切になります。 万一、不正アクセスの被害にあって、ページが破壊された、最悪の場合、ネットショップの個人情報が漏洩した、などの場合への対策も必要です。定期的にバックアップを取って、万一の際にも速やかに復旧できるようにしておく、個人情報漏洩に備えて法的な体制を整える、また個人情報漏洩を保証できる保険に加入しておくなどの対策を行うことも大切になります。 このように、気をつけなければならない点は多々ありますが、非常に便利なWordPressを今使っていくのはいい選択肢だと思います。自社のビジネスにとってどんなホームページが必要なのかを認識して、安全にベストなパフォーマンスを出せる、WordPressの環境を構築することが大切だと思います。 以上、ありがとうございました。

> 続きを見る

【コラム】経営哲学の本質について

当社の制作業務においては、お客様の経営哲学に沿って制作できるようプロセスを設計しています。そのため、最も早い段階で必ずお客様の経営哲学を共通させていただくように努めています。 「ユング自伝 2」のなかの「旅」という章の中に、経営哲学の本質について表すような部分があったので紹介します。「旅」の章には、スイスの精神科医・心理学者であるカール・グスタフ・ユングが、旅先の文化や人々の宗教や価値観など、その地の人々の精神に影響を及ぼしている部分について書かれています。 ところで、人が古来から聖なるものの対象とすることの中に「太陽が昇る」という現象があります。太陽を神として崇める文化は世界中に存在しており、もちろん日本文化にもあります。最も迎えるべき瞬間は太陽が昇るその瞬間であるそうです。その対称に日が沈み暗闇が世界を包み込む、恐れる対象としての闇があり、災いを避けるための様々な儀式が行われるようです。 さて「ユング自伝 2」の「旅」の章に話を戻して、アメリカ大陸の先住民、プエブローインディアンが毎日屋根に上り太陽を崇める理由を語る記述にこんな一節がありました。 われわれは父なる太陽の息子たち。そして我らの宗教によって、われわれは毎日、われらの父が天空を横切る手伝いをしている。(ユング自伝 2 -思い出・夢・思想- みすず書房  p.75) プエブローインディアンは、自分達を太陽の息子であり、毎日太陽が昇るのは自分達の活動によるものだというのです。こんなにも偉大な精神的プラットフォームの上に、生きて活動していることの理由があることに驚かない人はいないのではないでしょうか。 少し話が壮大になりすぎましたね。 ビジネスにおいてはこれにあたるものが、それぞれの経営哲学や経営理念ということになります。誰のためのビジネスなのか、何のためのビジネスなのか、なぜそのビジネスでなくてはだめなのか、経営哲学がお客様とデザイナーの共通言語になります。軸を持っていることでビジネスは強くなります。軸をしっかり持って迷わずに活動をすれば、自ずと結果が伴ってくるのがビジネスではないでしょうか。ぜひ、皆さんの経営哲学についてもお話を聞かせてください。 文章:辻中玲

> 続きを見る

ロカンダ世田谷 マーケティングサロン

ビジネスをデザインするというコンセプトを掲げる当社のすべてのクリエーティブワークは、マーケティング思考に基づいて行っています。なぜ、マーケティング思考でないと成果の出るクリエーティブが実現できないのでしょうか。それはすべてのデザインは必然性を求められており、必然性はすべて説明可能なセオリーに基づいているからです。つまり成果の出るデザインは、なぜ成果が出るか明確な説明ができるということです。 当社メンバーも、マーケティング脳をバージョンアップするため、第17回を迎えた「ロカンダ世田谷 マーケティングサロン」に参加してきました。【ロカンダ世田谷マーケティングサロンについてはこちら】 テーマは、続『マーケティングの嘘』<くらリズLaboという視点>(語り手:マーケティングプロデューサー 辻中俊樹)で、この先の中長期的な生活者市場の大きなトレンドについての知識を深めるセミナー形式の勉強会です。以下、題目に簡単な解説を加えながら内容をレビューしていきます。 【題目】 1.<暮らし>のリズムと気持ちスイッチを再レビューすると ・経済社会リズムと異なったリズム 団塊世代が高齢化したことで、経済社会リズムとは大きく異なったゆったりとしたリズムで動く生活スタイルが増加しました。経済社会リズムとゆったりとしたリズムが共存するような社会になりつつあリます。 ・典型事例を通して ゆったりとしたリズムが一定のインパクトを持つ社会において、生活者の実態とのズレが顕著に現れ始めています。また今後ズレが大きくなっていくであろうものの一つに、いわゆる52週カレンダーに沿ったマーケティングがあります。 2.何がマーケティングの嘘なのか ・経済社会の都合 例えば、52週カレンダーでは、6月の第3日曜日に父の日が設定されています。その前後は父の日を中心に売り場が作られていきます。標準世帯がボリュームゾーンではなくなっているいま、父の日なのか、爺の日なのかが曖昧になってきています。自分の嗜好で生きるシニアにとって、爺の日は求められていないかもしれません。ただし、事実として父の日にはビールが伸びます。 ・視点、認識の違いとは 視点を変えると、6月の第3日曜日は夏至の前週であり、思わぬ晴れ間に”気持ちのスイッチ”が入る、一年で最も天気の良さを感じることができる期間でもあります。突然、大物洗いの洗濯をしたりというシーンが現れます。その裏側には、日長を感じる感覚があり、ビールを飲みたくなる心理の裏側には、そのような気持ちのスイッチが入っていると言えるのではないでしょうか。Ex.日長とは何か? 3.生活速度の見直しから10年先をみる ・動物行動学の視野 また、反対にこの時期以降は梅雨に入り、梅雨寒で冷えを感じるシーンが出てきます。その際には、温まりたいという気持ちのスイッチが入り行動することになります。人が天気を捉える感覚は相対温度として、急に寒さが戻ったりすると特に冷えを感じたりするのです。この時にカレーやシチューを食べたくなったりするようです。人の行動は、さなぎが孵る、花が咲くリズムと同じように体験の積算で成り立っています。その意味で、動物行動学の視点から学べるものがあります。動物行動学は例えば、日高敏隆さんの著から色々と学ぶことができます。 ・<健康>の基準と価値が転換する <健康>には、身体の不自由から疾病まで様々な段階があり一括りにはできません。色々な段階があり、それぞれの状態と折り合いをつけながら生活をしています。食べ方や飲み方、歩く速度を含め生活の速度が遅くなることもあります。遅くなることを前提にして、生活をポジティブに捉える考え方が必要になります。それは、働き方改革や子育てなど、シニア以外の生活シーン全体に波及するコンセプトでもあるのです。 4.今後の見通し ・たとえば<集い>のリズムの変質 祖父母、娘や息子家族、孫のような三世代の集いは自由に過ごせたら良いのです。食べるものも、食べるペースもそれぞれ違っていて、それを許容できる、それぞれのスタイルやリズムを認められるシーンが大切になります。多様性の許容というのでしょうか。だから食べるペースもそれぞれ、お酒を飲んでも飲まなくても良い、何を飲むかも自由でいいのです。Ex. スロードリンク その他 サロンに参加して、時代が確実に転換期にあると改めて感じました。皆さんも、これまで当たり前だと信じてきた生活習慣の中に、その必然性に疑問を感じ始めていることはないでしょうか。これまで当たり前だと思ってきたことが、実は当たり前ではなくなってくるのかもしれません。例えば仕事、経済、集団生活、マスマーケティング。サロンの中で何度も「n=1」というキーワードが出てきました。「n」とは母数のことで、つまりマーケティングは、一人一人をより深く理解しなければならないということを意味します。心にどの位の深度をもって捉えることができるかが試されています。マーケティングに求められているのは、愛や優しさになってくるのかもしれません。 例えば私は、WEBは「n=1」との相性が良いと感じています。WEBと「n=1」は楽しく共存ができそうです。まだまだ色々な面白い取り組みが生まれてくるのではないでしょうか。時代の変化に対応していくための、皆さんの取り組みも是非お聞かせください。 文章:辻中玲

> 続きを見る

マーケティング戦略コラム

2019年11月より、当社メールマガジン限定配信にて弊社代表取締役 辻中玲によるマーケティング戦略コラムを順次配信いたします。 投資対効果を最大化するためのマーケティングプロセス【目次】著:デザイン情報株式会社 代表取締役 辻中玲(デザインプロデューサー) ビジネスを成功させるための基本情報ビジネスを成功させるための基本となる、投資や経営感覚を養うために必要な情報について解説します。【投資、経営、書籍、新聞 他】 事業戦略のつくり方自社の現状、ニーズと市場動向、自社の強み、経営プランからマーケティング戦略の骨子を作る方法を解説します。【ヒアリング、ブレーンストーミング、ディスカッション、ワークショップ、オンラインビジネスツール 他】 ニッチ商品・サービスの差別化について最小限の投資で最大限のリターンを引き出すため、市場と自社の強みのタッチポイントを発見し、ニッチ商品・サービスとして差別化する方法について解説します。【カスタマージャーニーマップ、UX 他】 規模拡大の考え方とロードマップの構築初期のオペレーションのエコシステム構築と、事前に想定した規模拡大に備えたオペレーションの設計・構築方法について解説します。【オペレーションコスト、人事制度 他】 ビジネスの発展に欠かせない財務管理の要点健全なマーケティングのための、あらゆるビジネスに必要な財務管理の基本と考え方について解説します。【売上、費用、売上高総利益 他】 カスタマーの定義とテストマーケティング商品・サービスを必要とする顧客を定義し、TPOPPを基に仮説を立て、テストマーケティングを実施する方法について解説します。 広告戦略の設計と予算配分の考え方市場環境やターゲットに最適な広告媒体の使い分けと、最適な予算配分の手法ついて解説します。 デザイン・ブランド設計の概要広告の投資対効果を最大化するための、デザインとブランド設計の重要性と手法について解説します。【コンセプト、VI、ブランディング 他】 WordPressの3つの注意点Webを活用したマーケティングを行う際に欠かせない、WordPressの注意点について解説します。【CMS、ページビルダー、高速表示、マルチデバイス、セキュリティ、SSL、ドメイン、拡張性、メンテナンス、バックアップ 他】 SEOとWebマーケティングの自動化データ・ドリブンなコンテンツマーケティングの手法と、メールマーケティングのオートメーション化について解説します。【SEO、SNS、MAP、ステップメール、アクセス分析、広告 他】 ニッチ商品・サービスの販売と顧客体験の最大化CtoCインフラの構築とエンゲージメント最大化のためのPDCAプロセスについて解説します。 投資対効果の測定と再投資の循環広告効果測定と再投資計画立案の設計と実施方法について解説します。 【番外編】小さなチームとビジネスデザイン最小のチームで大きな成果を上げるための組織設計と、ビジネスデザインの3つのメソッド「理念・道具・仕組」について説明します。 当社が創業から約15年にわたるクライアントワークの中で培ったマーケティング、広告、デザインのノウハウを順次お伝えしていきます。本コラムは社内勉強会のテーマでもあり、実践的な内容となっております。最新情報「DIINC.マガジン」(購読無料)にて配信を行いますので、ご希望の方は、ページ下部の最新情報「DIINC.マガジン」配信登録よりメールアドレスをご登録ください。

> 続きを見る

自社サービス「広告代理どっとコム」を新規公開!

当社の新サービスのオンライン総合広告代理店「広告代理どっとコム」ホームページがオープンしました。 ネットで見積り&発注できる! カンタン&リーズナブルに広告が始められる! 最強コスパ宣言! 印刷物・看板・WEB・動画・市場調査など、広告のあらゆるニーズに対応する、オンライン総合広告代理店です。お客様にはよりわかりやすく、お手軽にご利用いただけるように取り組んでまいります。全てのサービスにおいて当社のコンサルタントがしっかりサポートいたしますので是非お気軽にご利用ください。皆様のご利用をお待ちしております。以下の画像をクリックしてご覧ください。

> 続きを見る