2017年の食のトレンドレポート最新版を発売予定

弊社の取引金融機関 巣鴨信用金庫に推薦していただき、著名コンサルタントの小出宗明氏に相談をさせていただきました。特に「食のトレンド」の2017年の食のトレンドレポートについて集中的にアドバイスをいただきレポートの内容に賞賛していただきました。食のトレンドレポート「2017年の生活者の食ニーズ」最新版は12月7日に発売予定です。

小出宗明氏Facebookより

小出宗明氏 Facebookより

弊社は少人数の小さな会社であり、決して知名度も高くはありませんが、その分お客様からご依頼いただいた仕事のパフォーマンスには、徹底的にこだわり抜いています。対応させていただける案件の数も限られますが、お客様とはデザインからお付き合いの始まったお客様でも、その後マーケティングを含めてブレーンとしてお付き合いさせていただくことが殆どです。

さて「食のトレンド」2017年の食のトレンドレポートをお求めいただく方の多くが、年間売上高 1,000億円以上の大企業のお客様です。これまで接点のない弊社のレポートをインターネットを経由してご購入いただけることはありがたい限りです。ご利用いただくからには、お客様には投資対効果を最大限に高めていただけるよう、ワークショップなどを並行して行い、徹底的にサポートさせていただいております。

本年も、いよいよ師走間近となりました。来年のトレンドへの関心が最も高まる時期でもあります。ぜひご利用いただければ幸いです。詳細は下記からご覧ください。

食のトレンド

食のトレンドのDMが完成

IMG_3415繁忙期ということもあり、ありがたいことに連日徹夜状態です。そんな中で、先日入稿しておいた自社サービス「食のトレンド」のDMが仕上がりました。「食のトレンド」サイトからのお問合せも良いペースでいただいていますが、せっかくのサービスをより多くのお客さまに知っていただきたいという思いで作らせていただきました。大量に撒くイメージの強いDMですが、このDMは枚数が非常に少ないため、サービスの威力を最大限に発揮していただけそうなお客さまに厳選してお送りする予定です。もし、お手元に届きましたらご覧いただければ幸いです。

自社サービス「食のトレンドPRO」をよろしくお願いいたします。

その後、予想以上に大手食品メーカー様からたくさんのお問い合わせをいただいています。どの企業さんも食のマーケティングに閉塞感があり、新しい切り口が欲しいとのこと。ちょうど、弊社も長期にわたり研究を重ねてきた「生活日記調査」という調査手法があります。この調査手法、ビッグデータ分析と併用すると大きな効果が期待できます。近日そちらもリニューアルしてリリースする予定です。ご期待ください!

高齢層マーケティングとインターネット

高齢層マーケティングとインターネットを理解する上で、流通(小売)の業界がどのように変化しているかということについて少し触れたいと思います。大きなトレンドとしては、人口減少局面に入り、店舗を閉める・小型にするなど縮小の方向に動いています。その中でも増えている業態の一つが移動スーパーで、買物難民の救済に一役買っています。買物難民は基本的に高齢者なので、インターネット機器の操作が苦手で、ネットスーパーを使えない方も大勢います。店に来られない、ネットが使えないのであれば、こちらから商品を持って出向くのが移動スーパーというわけです。移動スーパーのおかげで、0だった消費が新たに生まれることになります。

000255963世代構造がこれに似ているのが選挙です。候補者が待っているだけでなく、選挙区の各地域に出向くのは来られない方に会いに行くことが目的です。平成26年衆議院議員選挙の投票率は、20歳代の32.58%と比較して、60歳代は68.28%、70歳代でも59.46%と、高齢層は若年層の2倍以上のポテンシャルを持っていることになります。単純に考えて、インターネットでブログやfacebookに勤しんでいるより自転車で出かけて有権者に会いに行ったほうが2倍の効果があるというわけです。(逆にインターネットやブログでしかリーチしない層も存在します。)

これは人口構造とシェアのカラクリで、現状の日本においては、インターネット一辺倒での戦略が適切でないジャンルが多々あるということを意味しています。

お持ちのサービスや商品は、届けるべきターゲットに届いているでしょうか。是非一度、パブリックデータやシェアなどを見直して、ターゲットに確実に届けるべくメディアの戦略を最適化してみていただきたいと思います。

日本が直面する人口推移(動くグラフ)

だいぶ涼しくなってきましたね。みなさまいかがお過ごしですか。今日はデータ分析のために、官公庁が公表するデータから業界団体のデータまで50近くのサイトから情報収集を行っており1日かかってしまいました。

Pyramid-a

出典:国立社会保障・人口問題研究所

その中で、人口問題研究所のサイトにインパクトのある画像を見つけました。日本の人口ピラミッドの推移の動くグラフです(横軸が人口、縦軸が年齢になっています)。動くグラフは画像をクリックしてご覧ください。マーケティングに取り組んでいる方は頭に入っているかもしれませんが、1930年の綺麗なピラミッド型から、団塊と団塊Jr.という大きな波を作りながら逆ピラミッド型へと変形していきます。2025年あたりの画像からは凄まじい勢いで人口が減少していくのがわかります。2060年にはかなりスリムな人口構造になっています。

これは日本の将来は、バブルの右肩上がりとは、全く異なる大きな社会構造の変化に直面することを意味しています。人口減少に伴い、今当たり前のようにあるものでも、壊していかなければならないものが沢山出てきます。もちろん新しく作らなければならないものも沢山あるでしょう。いずれにしても量的規模が縮小していくということを前提にものを考えなければなりません。そうなると質的…ということになるのも当然ですよね。豊かさの概念が変わっていきます。このようになることがわかっていれば、変化に柔軟に対応できるよう、今から心構えと準備をしておきたいものです。このデータを見てみなさんは何を感じるでしょうか。

5年ごとの画像はこちらから閲覧できます。

動きのあるホームページ

最近は連日食品メーカーのホームページ制作をしています。映像など新しいご依頼も増えてきて、オフィスが手狭になってきました。2016年5月に新しいオフィスのオープンを予定しています。オフィスの内容はいろいろとアイデアを練っている段階で楽しみです。構想としてはコンパクトな撮影スタジオを併設したいなど…

話は変わりますが、最近はホームページにも映像など動きのあるものが増えてきました。嬉しいことに特に映像はクライアント様の中からは映像がフックになり受注が倍増したとのお声もいただいています。Webと映像の連動には今から取り組んでおいて絶対に損はありません。特に見えない部分(人で言えば話し方のニュアンスや雰囲気でしょうか)が見える化できることには大きなメリットがあります。どのような見せ方がベストか、ご一緒に考えていきましょう。

余談ですが色々なサイトを見ていると面白いサイトに出くわすことがあります。思わず見入ってしまう動きのあるホームページで個人的に好きなものを3点ほど。これからHPと映像の合わせ技はメディアとして益々強力なツールになりそうです。

リアルタイムで航空機の動きが見えるフライトレーダー

http://www.flightradar24.com/

3DCGが面白いプロフェッショナルサービスファームPWC

http://extraordinary.pwc.com/

メルセデスベンツ360℃ドライビング体験

http://www.mercedes-benz.co.jp/content/japan/mpc/mpc_japan_website/ja/home_mpc/passengercars/home/new_cars/models/e-class/_w212/fascination/drive_experience.flash.html